和田優希くんから川島如恵留くんに降りた話

前回のブログで「近いうちに」と締めたがまさかこんな形でブログを書くとは私も思っていなかった。
本当にびっくり。

まさか私が担降りブログを書くなんて……ねえ。(しみじみ)
潮時かなって考えた時にあれだけ和田くんのこと書いておいてなんだよ!とかふざけんじゃねぇ!とか思う人は沢山いると思って、人の目を気にしてなにもアクションを起こせないでいたし、トラジャの歴史は長いのに何も知らないこんな新規が好きになってもいいのかなって思った。

でも、備忘録じゃないけどこの気持ちを留めさせてほしくて、いろんな人の担降りブログみたいに私も書き連ねてみたくなって書いてます。
今日から4月だしね。

 

3月26日、私は如恵留くんのうちわとキンブレを持って横浜アリーナで行われたTravisJAPANの単独公演に入った。もちろん、トラジャの公演は初めて。
前にうみ担になっていた姉の影響もあってこの日に至る前(ミューコロの時くらい)から知らず知らずのうちにTravisJAPANのことを追っていた気がする。そう、無所が捌けちゃった後のハピアイの2幕とか見てた!あの時はどちゃくそロイヤルな黒スーツ美少年が姉の推しの隣で踊ってんぞ……みたいな感じ。川島さん?え、あなた憂いた顔めちゃくちゃ似合う……ってか素敵すぎない?チェロ素敵すぎない?私知らないんだけど?嘘?みたいな。で、コンレポを読んでライフル持って高笑いするの知らないし!見たかった!!って思った。
でも上でも書いた通り私の心の中は8割りの期待と2割りの不安があって、2割りの不安が残りの8割を埋めちゃったらどうしようかな、ってものすごく怖かったんですよ。
私の中でTravisJAPANのファンの方ってメンバーと一緒にグループを作っていく印象が強くて、TravisJAPANという枠の外側からちょこっと覗いただけでもいろんなぶつけようのない想いとか、涙とか、不安とか、それを共有していくグループだなって感じたし、共有することは良いことも悪いことも悲しいことも喜びごとも全部まるっと。家族みたいなアットホーム感があるグループだなと。
あくまでこの気持ちは「外側」からちらりと見えただけだから本当は私が思うよりもっともっと大きかったんだと思うけど、そんな多くの荒波を乗り越えてきた力強くて、大きな船に私が乗れるのか。過去を知らない私が乗っていい船なのか。振り落とされないか。それが2割の不安で。

横浜アリーナに入るのはちょうど去年と同じ日以来で、1つのグループを見に来ている人しかいないからその時よりもずっと会場の外にいる方の想いとか気持ちの密度が濃かった気がする。
私は「彼が自担になりました!」ってキンブレ振って横浜アリーナの花道を通れるような人間じゃないから(メンタル持ち合わせてない)天井席の1番端でこそこそするしかない人間で。入っていいのかなってドキドキしてた。

でも、そんな不安は入場してすぐにどこかへ消えていた。私の中での解釈はいつもなら押詰め状態のロビーはゆとりがあって、パネルや花の写真を撮るための列はファンの方たちが場所を譲り合っていて、普段の会場で聞こえるような声も圧倒的に少なかったから。
要するにすごく居心地の良い会場でしたってことです。例えるなら帝劇のロビーみたいなあの感じ。
そんな現場は初めてでひたすら「すごい……」って口ポカーンってなってた。

なんかトラジャが前に雑誌で「ファンの人たちが温かい」って言ってたのを思い出して(クリエの頃?)ただただ脱帽……すごい。
席に着いてからもトラジャの言う温かさとどこか優しい空気が私の周りにはあって、もちろん公演もすごくすごく楽しかった。
よく「担当はタレントに似る」(担タレって言うのかな?)と言うけどその言葉は本当だと確信して、幸せすぎて逆に溜息が出た。頬が緩んだ。
それくらいTravisJAPANもファンの方たちも暖かくて、幸せな2時間15分だった。

前日にPLAYZONE見て来たのも相まってひたすらリンクして余韻が……

今回の単独公演をまとめるなら「幸せ」これにつきる。本当に。まずこんな風に揺れている人の心を引き付けて離さないグループがすごい。「ありがとう」と「どういたしまして」の関係性がすごい。年月を重ねていないと出せない雰囲気とか、松松を受け入れて馴染ませるグループのキャパシティとか、他のグループだとムラができてしまうようなことでもすんなりやってのける彼らがすごかった。(すごいしか言ってない)

7人での練習時間が短かったことを微塵も見せないで華麗に踊るステージにすごく惹かれた。
もっと彼らを見たいと思った。

 

気持ちは完全に傾いていたけどまだ禊を終えなければTravisJAPANに降りることはできないと頑なに考えていた頑固な私。
だって2人を同時に等しく愛するなんてそんな器用なこと、私にはできないから。(午前2時に書いてます)

 

でも考えてみると禊ってなんだろうなってわからなくて、「よーし、グッズ全部売っちゃお!」「雑誌の切り抜き捨てていいよね?」みたいな潔いこともできないし、だからといって元担(自分で書いて動揺している)を思い出して後ろめたくなるようなこともしたくないからグッズは全部取っておいて閉まっておく。
禊してないじゃーん。と思った方、私も思います。それ。でも忘れられないし忘れたくないから「封印」が禊ってことで許してください……(陳謝)


で、今漁るように過去の雑誌とかパンフとかコンレポを読み返しているんだけど、ほんっっっっとうに尊い。やばい。深夜に1人で頭抱えてる。私が見たことない類のお方です。

これまで漁った私の動揺まとめ▽(順不同)

・グミさんは20歳の誕生日に家族にもらった

・高校の時乗馬部だった

フェルマーの最終定理読んでる

・Jrで仲良い子みんなって答えちゃうのかわいい

・ジャニワのパンフめっちゃチャラい

・ピアスホールがある

・自分のことのんのんって言う

・ペットショップラブモーションのうさぎさんがかわいすぎる

・ファンサがロイヤルすぎる

・ライブ中アリーナのファンの方に指輪の箱開けましたよね……え、求婚?それ求婚ってこと?

とまあこんな風に動揺した結果、

彼を見ていたら語彙力失いました。

彼に「はーいは?」とか「良くできました✨」とかにっこにこの笑顔で調教されたので私は幼稚園児になりました。

彼の腹筋を見たら素直に抱かれたいと思いました。

彼の甘党には滅入りました。甘口に蜂蜜かけるの?コーヒーにミルク入れるとお腹痛くなっちゃうから砂糖ドボドボ入れるの?それって作ちゃん越えじゃん……彼の愛の重さはめちゃくちゃ推せます。好きです。あと彼って神様ですか……?神々しすぎるオーラ放ってるんですけど……彼の綺麗すぎるアクロバットには目を奪われました。(去年も玉虫衣装で舞う如恵留くん見て思った)彼のプロフェッショナルぶりには脱帽しました。
彼のメンバー思いなところにはただただ感動しました。

………とまぁこんな風に如恵留くんのことで頭がいっぱいになったので無事、禊終了!(午前3時)

 

でも、この降り先を導いてくれたのって実は和田くんなんだよなとまた少しUターン
如恵留くんがローラースケートに初めて挑戦する和田くんのことを気にして声をかけてくれていなかったら私は多分如恵留くんの人柄の良さとかちゃんと後輩を見てる姿とかに半分も気づけていないで終わっていたと思うし、和田くんも如恵留くんのこと大好きだから………いっか!
でも本当に和田くんの担当ができて幸せだった!めちゃくちゃ楽しかったし、楽しくなかった時もあったけどお母さんに怒られてた時から、ギターを買ってもらった時から、ユニットに入った時から、全部全部和田くんを見てられて良かったよ!幸せ者でした!ありがとう!!少クラ見ます!
今度会う時は冬の舞台かな?大きくなった姿、楽しみにしてます!

それじゃあ!私は船に乗るから!

 

 

このお2人ののはてブが私のドツボに刺さりましたのでリンクお借りします……

素晴らしいのでぜひ読んでみてください……私は既に読者です。

 

http://sachi1020.hatenablog.com/

http://oko4156me.hatenablog.jp